これでいいのか日本の携帯

アクセスカウンタ

zoom RSS 携帯政策に転換は必要なのか

<<   作成日時 : 2007/07/02 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前ソフトバンクモバイルが、POP-iなる共通プラットフォームの提供を発表した。
ソフトバンク、携帯用共通APIプラットフォーム「POP-i」
モバイルビジネス研究会報告書で出てくる共通プラットフォームと言えるのか。わからないけど。

プラットフォームと言っても、この報告書だとMNPと同時に個人IDも乗り換えになる旨あるが、現状では携帯の個人IDはキャリアごとに扱いが違う。公式サイト以外には基本的に個人IDを貰えないのがドコモ。垂れ流すのがauとSoftbank。出てこないのがWillcom。ここらへんをどう整理することが可能なんだろうか。

どうもこの報告書よくわからんのだが、普通なら広く認識された問題があって、それを解決するために審議会なり研究会が開かれるわけだが、この研究会で出てくる問題にしろ対処策にしろ、その種の問題ではない。せいぜい「MNPではメアドが変わる」程度で。

例えば「MVNO問題」にしても、「うちはこういうサービスをやりたいのにキャリアに軒並み門前払いを食らった」とかいう話が出てくるなら、解決策を議論するのは意味がある。でもそういう話は出てこない。解決策の一つ一つは、それなりに意義のあることに見えるが、「じゃあそういう政策をやらなきゃいけないほどの問題がもともとあったか」と考えると、首をかしげたくなる。でてくるのは、「日本の携帯産業を世界に輸出しなければいけない、そのためにどういう政策が必要か。」という話ばかりで。携帯メーカーが多すぎるといっても、事実上SHARP一強状態が見えてきたし。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
携帯政策に転換は必要なのか これでいいのか日本の携帯/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる